専用住宅

4階建てRC住宅

2層の地下空間を擁する4階建ての邸宅
大阪府T邸

建築予定地は、造成工事が必要な敷地で法的にかなりの制限が加わることや、
高低差のある傾斜地ということで住宅を建築するには専門的な知識と複雑な工事が必要な土地形状でした。
JPホームの提案として、2層分を地下扱いにした地下2階・地上2階建の4階建てRC住宅としました。
一部8m上がった地盤個所の杭補強を行う特殊な地下基礎工事が必要な設計や施工力を試されるものでした。

各階の構成として、地下2階部分に3台分のガレージスペースと玄関を配置。ホール奥に3人乗りエレベーターも設置し、
上下動をアシストします。玄関ホールは地上1階までの3層吹き抜けとなっており、コンクリート構造ならではの大空間が広がります。
地下1階と地上1階部分にご家族の寝室やウォークインクローゼット、子供部屋などのプライベート空間をまとめました。
最上階の2階部分に約45帖の大空間LDKと浴室を配置。
南面には約9mの大開口を設け、大阪の街並みを楽しむことが出来ます。

<a data-pin-do=”buttonFollow” href=”https://www.pinterest.jp/jphome_tokyo/”>JPhome</a><script async defer src=”//assets.pinterest.com/js/pinit.js”></script>

3階建てRC住宅

傾斜地を利用した地下ビルトインガレージ付邸宅
兵庫県M邸

傾斜地を利用し、地下部分に2台並列駐車可能なビルトインガレージを設けた地下1階+地上2階建てのRC住宅。
外観はコンクリート打ち放し仕上げのキュービカルなデザイン構成となっており、
アクセントとして地下部分に木目模様が美しい杉板型枠の打ち放し壁を使用しました。

内観の特徴として、建物と並設された中庭を存分に楽しめるよう、玄関やLDK部分に開口部を設け、光を充分感じてもらえるようになっています。
特にLDKはリビングとダイニングにだきるだけ区切りをつけず、広々とした一体感のある空間にしました。
更にリビング部には、フルオープンできる開口窓から中庭と一体となる空間を設け、四季を感じることの出来る演出を計画に取り入れました。

また、玄関や廊下や階段などの動線部分にも外観で使用した杉板の打ち放し壁を使用し建物に統一感を持たせ、
幾何学模様のタイル装飾やヘアライン加工で仕上げたステンレス手摺などと融合したコーディネートは、
細部にも上質さを求めるM様のご要望を十分満足させるものでした。

3階建てRC住宅

奥行きのある3階建てRC住宅
東京都 K邸

間口に比べ奥行きのある敷地形状の3階建てRC住宅。
外観の一部に北側隣地境界線からの高さの制限かかるため、一部をカットした外観デザインとなっています。
1階にビルトインガレージを設け、廊下面に開口を広く設けたガラス窓を配置し、愛車をいつでも眺めることの出来る設計となっており、
車好きには欠かせないアイテムのひつとです。
内観には木目調のフローリングを敷き、木の暖かさとコンクリート化粧壁の静寂性がうまく融合し、落ち着いた室内空間を作り上げています。
また、2階のリビングルームから外階段を使い1階の中庭へと昇り降り出来るよう設計されています。

地下付2階建てRC住宅

擁壁を利用した地下付RC住宅
神奈川県T邸

道路面の高低差のある擁壁部分にビルトインガレージと玄関を配置した地下部分と、
リビング&ダイニングや和室を設けた1階、寝室や吹抜廊下からなる2階部から構成されたRC住宅です。
コンクリート打ち放しの外観からは、光を取り込む小窓以外に開口部を設けずプライバシー性を重視した設計となっています。
一転して死角となる南面に位置する中庭に面する外観の開口部分の面積を広く取り、室内への光と風の導線を確保しています。
またガラスブロックを利用し、やわらかな日差しを積極的に取り込み常時明るい室内空間を生み出しています。
リビング部は2階まで吹き抜けとなった開放的な大空間で、2階のガラス張り廊下からも一望できます。

2階建てRC住宅

バリアフリーを意識した2階建てRC住宅
大阪府 O邸

屋上付の2階建てRC住宅。 玄関が2か所ある分離型2世帯住宅となっています。
車移動がメインとなる為、3台分のカーポートを設置。
高齢住宅として段差や手すりの配置などバリアフリー化に配慮し、できる限り安全な住まいを実現しました。
また、防犯設備の導入や開口部への対策もしっかりとり安心して暮らせる家造りにも重点をおきました。
各自の個室や書庫などプライベートを楽しめる空間も設けています。

2階建てRC住宅

大海原の景色が広がる海沿いの別荘
千葉県 B邸

他にはないRC造の特徴を活かした外観とシンプルでかつ豪華な内装に東側の眺望を活かした間取りにしたいという要望に、
斜め壁とアプローチ部を利用して2階が宙に浮いているイメージを実現。
奥行きのある敷地形状を活かして4台分の駐車スペースを確保。
内観の1階は遮るものがないよう大空間でかつ天井を高くし(H2.8m)、どの位置からも東側の眺望を望む事ができる提案をしました。
また盛土の地域で軟弱地盤の為、鋼管杭を深さ12~13mまで37本使用した補強工事をおこなっています。

3階建てRC住宅

プライバシー性と採光を重視した邸宅
大阪府 I邸

右隣も当社建築のRC住宅ということで、その外観とはまた違ったインパクトのあるデザインを求められました。
その答えとしてコンクリートウォールとキャンチスラブのファザードを強調した設計提案を行い、
問題視されていた周囲にあるマンションからプライバシーの確保についてもクリアする外観デザインとなりました。
光の取り込みに関しては、中庭を設けアプローチ奥・玄関正面より光を取り入れられるようを綿密に計算されました。
お施主様からも北側道路と南側マンションがある為採光が望めない暗い家になるのでは?と懸念されていましたが、
中庭の効果により光と植栽が心を和ましてくれる納得のいく建物になったと喜ばれています。
また南側隣地(左マンション側)が1.3m程上がっており、建物壁を土留兼塀の提案もおこないました。
(写真右隣は2014年に竣工した当社施工のH邸)

4階建てRC住宅

どの部屋からも海を一望できる邸宅
神奈川県三浦市 A邸

相模湾を一望できる岬にあるため、いつでも海を眺められるような生活導線を希望されました。
リビングだけでなく、寝室やバスルームからも海を眺められるよう間取り配置や動線に配慮し設計提案を行いました。
その他コンクリート住宅の特性を生かした内部コンクリート化粧壁をポイントとなる部分に配置し、重厚感を演出。
蹴込板が無いストリップ階段や吹き抜けなどを採用することで奥行きのある空間が生まれ、広がりや解放感を生み出しました。

3階建てRC住宅

縦列駐車が可能なビルトインガレージ付RC住宅
東京都武 K邸

家を建てるなら打ち放しと決めていたK様。
その要望を元に打ち放しのシンプルな外観デザインを提案。
また車を2台縦に駐車できる奥行きのあるビルトインガレージを配置しました。
その他北側斜線によりボリュームが制限されましたが、斜壁を活用したデットスペースのない間取り提案を行いました。
2階のLDKフロアでは、木床を使用しそれに合わせたダイニングキッチンを選択し統一感を持たせ、
さらに化粧コンクリート壁やガラスブロックをアクセントとして使用しグレード感のある室内空間としました。

4階建てRC住宅

はね出しされた大開口のLDKが特長のRC住宅
東京都 S邸

都心によくある間口の狭い土地形状に対して出来る限りボリュームを確保したいということで、自由設計のRC住宅を選択されました。
天井高を2.8mに設定し、リビングの大開口ガラス面を片持ちではね出ししたプラン提案等を行い圧迫された室内にならないよう配慮しました。
周囲を建物で囲まれている都心の住環境ながら、内部空間は広がりのある空間を実現でき、特にリビングルームは家族が集まる大切な場所となっています。