• トップ
  • 【JPホームの特長2】どの工法より丈夫で長持ち(構造)

住宅の平均寿命は日本で約30年といわれています。使い捨ての時代から資源を有効に活用しなくてはならないエコロジー化が進む中、住宅の耐久性も見直さなければなりません。RC造の構造耐久年数は、約130年(※1)。法定耐用年数でみても47年(※2)と他の工法のうち最も長い年数に指定されています。近年住宅も良質な資本として見直されているストック住宅としてRC住宅は高い評価を得ています。
JPホームのRC住宅は、床・壁・天井全てを鉄筋コンクリートで一体化した空間構成された「壁式工法」で造られています。そして、基礎とも一体化されたこの工法は、地震の揺れにも変形しにくい高い耐震性を誇るほか、180mmの壁厚が1000℃の熱にも2時間耐える耐火性能を備えています。その他、台風の強風にも耐えることのできる性能から近年自然災害が頻繁に発生する日本に適した住まいといえるのです。このことからRC住宅は災害が起こっても非常に壊れにくく世代を超え、家族を守り続けることのできる住宅として注目を集めています。
またJPホームでは、建物全体については長期の50年保証を実施させていただいております。住宅は、家族構成により時と共に変化していきます。頑丈な本体を建て、中はその変化に対応、何代も住み継がれていく家。これこそが無駄のない真の「エコ住宅」と言えるのではないでしょうか。「スケルトン&インフィル」のサスティナブル住宅それが、鉄筋コンクリート住宅の真骨頂です。

※1日本建築学会が定めるコンクリート工事標準仕様書に基づいて算出
※2「資産の種類」「構造」「用途」別に耐用年数を詳細に定め、画一的に扱うこととしている税法で規定される年数