JPホームロゴ 矢印
コンセプト

JPホームは髙松建設のRC戸建住宅のブランドネームです

JPホームは髙松建設がお届けする
RC(鉄筋コンクリート)住宅のブランドとして
同じデザインは存在しないオンリーワンの住まいを創出し続けます。

経験豊かな当社のRC住宅専門の建築士によって
自由設計の住まいをご提供いたします。
世界にひとつだけのあなたの理想を実現します。

一邸、一邸、現場で職人によって造られる
場所打ち鉄筋コンクリート住宅は
他の工法より優れた性能を発揮します。

JPホームの施工するRC住宅は、
ビルやマンション建設で100年の実績を誇る
髙松建設のノウハウが生かされています。
施工事例
  • 建築地は古い住宅街にあり、古屋付で購入された敷地の建て替え計画で、住宅街ということもあり法規制も厳しい為、お客様の希望する趣味のスペースを確保するために地下室を設け、容積率の緩和による床面積の確保を行いました。

    その地下にはご主人の趣味であるゴルフのシュミレーションスペースがあり、併設してご家族が一緒に楽しむことができるトレーニングスペースやボルダリングパネルを設けた壁を設置し、遮音性の高い3mの天井高さのある大空間を確保しました。

    住宅街であることから周囲からの視線を気にされ、隣地境界に高い外構の塀と壁面後退いっぱいに構造体の梁を設けることで南側からの視線を立体的に遮断しつつ奥行きのある外構とし、プパイバシーを確保した中庭に面してガラス張りの開放的なLDKの大空間を設け、その空間に邪魔になるTVは置かず、昼間でも視聴可能な輝度の高いプロジェクターと天井埋込みの電動スクリーンによるスッキリした空間を提案しました。

    2階はプライベートスペースとし、浴室から見ることができる壁に囲まれたバルコニーや目隠しのルーバーによりプライバシーの確保された空間を提案しています。

    外観については、杉板の型枠によるコンクリート打ち放しをアクセントとしたモノトーンのスッキリとした外観を提案し、外部からの視線を気にすることなく生活できるように、道路からは窓のない閉鎖的な建物としています。

  • たくさんの人が集える家というコンセプトのもと、1Fは駐車スペース、2Fは敷地の奥行を生かしたひとつながりの大空間とし、段階的に応接室・ダイニング・リビングとシーンに合わせてプライベートエリアとして区切れるように配置、3Fは各居室としています。
    また、周辺は戸建て住宅や低層賃貸住宅が密集して立ち並ぶエリアであることから、隣地側に対しては閉じつつも、南側に3層吹き抜けの屋外空間や階段スペース横に2層吹き抜けの中庭を設け、室内に光が取り込めるよう計画しました。

    外観はバルコニーからコーナーサッシを含めた横のラインと階段室の縦ラインをより強調したシンプルなデザインとしました。
    内観は奥行のある室内でも明るい居室となるよう、白を基調とし、一部ガラス間仕切りとしました。

  • 円筒の形状である駐車・ホールを中心として、北側にはアプローチや駐車場、南側には吹き抜けのあるリビング、ダイニングを配置し、それぞれの空間が広がってひることをそのまま外観にも表すように、化粧コンクリート打ち放しをベースに、アクセントとして表情のあるタイルを採用しています。
    また、敷地高低差に合わせて45センチの床レベル差がありますが、玄関からリビング側への緩やかなアールのステップとすることで空間に変化をもたらしています。
    リビングは象徴的な石張りの壁柱を中心とした吹き抜け空間となっており、吹き抜けに面する2F廊下をガラス手すりとすることで、より上下階の一体感を演出しています。

  • 建築予定地は、造成工事が必要な敷地で法的にかなりの制限が加わることや、
    高低差のある傾斜地ということで住宅を建築するには専門的な知識と複雑な工事が必要な土地形状でした。
    JPホームの提案として、2層分を地下扱いにした地下2階・地上2階建の4階建てRC住宅としました。
    一部8m上がった地盤個所の杭補強を行う特殊な地下基礎工事が必要な設計や施工力を試されるものでした。

    各階の構成として、地下2階部分に3台分のガレージスペースと玄関を配置。ホール奥に3人乗りエレベーターも設置し、
    上下動をアシストします。玄関ホールは地上1階までの3層吹き抜けとなっており、コンクリート構造ならではの大空間が広がります。
    地下1階と地上1階部分にご家族の寝室やウォークインクローゼット、子供部屋などのプライベート空間をまとめました。
    最上階の2階部分に約45帖の大空間LDKと浴室を配置。
    南面には約9mの大開口を設け、大阪の街並みを楽しむことが出来ます。

  • 傾斜地を利用し、地下部分に2台並列駐車可能なビルトインガレージを設けた地下1階+地上2階建てのRC住宅。
    外観はコンクリート打ち放し仕上げのキュービカルなデザイン構成となっており、
    アクセントとして地下部分に木目模様が美しい杉板型枠の打ち放し壁を使用しました。

    内観の特徴として、建物と並設された中庭を存分に楽しめるよう、玄関やLDK部分に開口部を設け、光を充分感じてもらえるようになっています。
    特にLDKはリビングとダイニングにだきるだけ区切りをつけず、広々とした一体感のある空間にしました。
    更にリビング部には、フルオープンできる開口窓から中庭と一体となる空間を設け、四季を感じることの出来る演出を計画に取り入れました。

    また、玄関や廊下や階段などの動線部分にも外観で使用した杉板の打ち放し壁を使用し建物に統一感を持たせ、
    幾何学模様のタイル装飾やヘアライン加工で仕上げたステンレス手摺などと融合したコーディネートは、
    細部にも上質さを求めるM様のご要望を十分満足させるものでした。

  • 1階が歯科診療所、2階が事務所兼休憩室となった2階建てRC医院建築。
    外観はコンクリート打ち放しのシンプルなシルエットに杉板型枠による木目模様の打ち放し壁がアクセントになっています。
    雨の日に通院される患者様の自転車が濡れないよう大きな庇を設けています。
    院内はコンクリートの素材感は出さず、木質素材をメインに温かい色調とオフホワイト色の床材で清潔感のある診療所となるような提案いたしました。
    また、待合室にはお子さんが退屈しないよう遊べるチャイルドコーナーも設置しました。
    診療室は2つのブースで構成され、ゆったりと閉塞感のない広さで治療ができるよう設計配慮されています。スペースを必要とする医療機材のサイズを割り出し、患者様がストレスを感じない広さを確保しています。

展示場
展示場内のご見学は完全予約制となります

お申込みは来場予約フォームをご利用ください