• トップ
  • 【JPホームの特長3】熟練の技術力(気密性)

気密性(図は部屋の空気が一時間あたりに入れ替わる回数を比較)

コンクリートは、外気温変動による室温変動のピークが遅れるという性質があります。 これは夏や冬の外気温の激しい変動に対しても、室内側の変動は比較的緩やかであると言うことです。 ウィンブルでは、コンクリートの優れた熱容量の大きさ(蓄熱作用大)を活かし、冬はあたたかく、夏は涼しい快適な暮らしを実現しています。 しかし断熱性、気密性が高い住まいにおいて、欠かせないのが、換気です。鉄筋コンクリート住宅のJPホームでは、「24時間換気システム」を装備して、計画的に換気できるシステムを採用。換気回数0.2回を実現し、換気システム動作時でも換気回数0.5回というすぐれた性能を誇っています。急激な温度変化を起こすことなく冷暖房効率を高いレベルで持続しながら、24時間いつも新鮮で清浄な空気をお届けする換気システムです。