• トップ
  • 【JPホームの特長3】熟練の技術力(耐火性)

耐火性(図は火災保険料を比較)

床・壁・天井が鉄筋コンクリートでできているJPホームの住宅は、建築基準法の最も火災に強いとされる耐火構造に指定されています。 構造そのものは火に弱いのに、外壁だけを耐火材で構成する住宅(外壁材耐火の鉄骨造)や、柱・梁・壁だけを不燃材料・準不燃材料で構成した住宅(不燃構造)などのように、 表面だけの防火措置を施した住宅とは、火災に対する意識が根本的に異なります。 住まいには外壁はもちろん、床、壁、天井すべてにわたっての耐火性能が要求されます。 構造体自体が耐火材料のJPホームなら、万一の火災に際しても、大切な生命と資産の焼損を最小限に食い止めることができます。